myroslava
kuts

​睡眠と夢次元

Sleep and Dream Dimensions

Exhibition period:

September 29 to October 24, 2021

marseille, france

Artist 

Myroslava Kuts (Ukraine, Based in France) 

Myroslava is a sound designer and sociologist currently based in Marseille, France. She explores above all the sleeping process and brain-related topics from the neuro-scientific perspective. The main approach with which she builds projects is science: she perceives concepts with a certain protocol and uses technical tools of collecting data. Her works have been shown in various international exhibitions including “TECHNOTRIBALISM” at the Athens Digital ARt Festival, Greece, 2020 and “res·o·nant” at the Jewish Museum in Berlin, Germany (2018).

作家 

ミロスラバ・クッツ(ウクライナ生まれ、フランス在住) 

フランス南部マルセイユを拠点に、サウンドデザイナー/社会学者として活動。アート、科学、テクノロジーの三つの異なる 分野からアイディアを探求する。その中でも、睡眠のメカニズムや脳に関するテーマに強い関心を持ち、データーやプロトコ ルを用いり、神経科学の観点から作品を制作している。彼女のサウンドスケープ作品は、自ら収集した脳のデーター、フィー 

ルドレコーディング、他者の体験談を使って制作されたものである。主な展覧会に「TECHNOTRIBALISM」(Athens Digital Art Festival、アテネ、ギリシャ、2020)、「res·o·nant」(Jewish Museum、ベルリン、ドイツ、2018)な ど。

Learn more:

X

motomotoLOGO_edited_edited.jpg

The 2021 fall motomoto exhibition is organized and co-sponsored with the collaboration of Speak AIR, the digital residency of Speak Art. 

2021年秋のmotomoto展はSpeakAIRと協力して企画共催して開催される。