EMEET2_poster (1)_edited.jpg

tomosada
mutsumi

I'm not here anymore.

​不在の証明者

Exhibition period:

October 27 to November 28, 2021

hiroshima, japan

Artist 

TOMOSADA Mutsumi
1989   Born in Hyogo Prefecture
2014  Graduated from Hiroshima City

          University with MFA in Sculpture
In recent years, Tomosada has focused on “documentation” media such as film and photographs, sculpture to mold making and
reproduction, 3D scanning and 3D printers to create works both as an expression of and under the theme of “memory.”


Main Solo Exhibitions:

“Narrative From a Distance” Hiroshima Art Center, Hiroshima 2021

“Back light” D.A. Aura, Gwangju, Korea 2018

Recent Group Exhibitions:

Tasty Sculpture Hiroshima City University Faculty of Arts Emerging Artists Sculpture Exhibition Hatsukaichi Fine Arts Gallery,Hiroshima 2020

Setouchi Triennale 2019

Shodoshima, Kagawa 2019

DMZ Daeboung Lake Art Festival Kangwon-Do, South Korea 2019

Contemporary Sculpture- Life & Art - Light Art and Science Hidden in Our Daily Lives. Higashihiroshima City Museum of Art 2017

Rokko Meets Art Art Walk2017 Mt. Rokko, Kobe City, 2017

Tsushima Art Fantasia Tsushima 2017

12th Annual Pusan International Film Festival Spaceheem Pusan, South Korea 2017

Open Call for Art Project Ideas 2016

Hiroshima City Museum of Contemporary Art, Hiroshima 2016

作家 

友定 睦

1989年兵庫生まれ

2014年広島市立大学大学院芸術学研究科彫刻専攻修了

近年は映像と写真、彫刻技法の型取りと複製、3Dスキャンと3Dプリンタといった「記録」するメデイアを扱い、「記憶」の表現をテーマに作品を制作している。

主な個展

「離れてみるナラティブ」(広島芸術センター、広島、2021)

「Back light」(D.A.Aura、韓国・光州、2018)。

近年の主なグループ展に、

「Tasty Sculpture 広島市立大学芸術学部若手作家彫刻展」

     (はつかいち美術ギャラリー、広島、2020)

「瀬戸内国際芸術祭2019」(小豆島、香川、2019)

「DMZ大鵬号平和文化祭国際設置美術プロジェクト」

    (江原道華川郡数達研究センター、韓国、2019)

「現代の造形‐Life&Art‐光 -身近に潜む科学とアート-」

    (東広島市美術館、広島、2017)

「六甲ミーツアート芸術散歩2017」(六甲山、神戸、2017)

「対馬アートファンタジア2017」(対馬、2017)

「第12回釡山国際ビデオアートフェスティバル」

     (Spaceheem、韓国・釡山、2017)

「ゲンビどこでも企画公募展2016」

     (広島市現代美術館、広島、2016)

Learn more: